CENAT(卡耐新能源)グループは、恒大集団の傘下となりました

この度、CENAT(卡耐新能源)グループは、恒大集団の傘下となりました。より安全で高性能なバッテリーをご提供していきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

「南昌卡耐新能源有限公司 日本支社」は「セナット・ジャパン株式会社」に生まれ変わります。

この度、日本での事業拡大にともない新たに日本法人を設立し、「南昌卡耐新能源有限公司 日本支社」の事業を継承いたしました。これを契機に、より一層のサービス向上に努めてまいります。今後とも何卒よろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

社名 セナット・ジャパン株式会社
(Japan CENAT New Energy Co.,LTD)
資本金 79,778,364 円
(上海卡耐新能源有限公司 100%)
所在地(変更なし) 〒101-0035
東京都神田紺屋町11番地 鈴野ビル3A
TEL:03-6206-4280
FAX:03-6206-4281
設立登記日 2019年1月11日
開業日 2019年3月1日
役員 代表取締役会長 于 洪涛
代表取締役社長 近江谷 雅人
専務取締役 竹内 晃

Annual Battery Production Capacity

年間生産能力(MWh)

2017
800
2018
1200
2019
4800
2020
6000
About Us

当社は、中華人民共和国のCENATグループ日本法人です。CENATグループでは、日本の技術を導入して開発した三元系リチウムイオン二次電池を製造し、中国国内の自動車用途を中心に販売しています。年間生産能力は、2018年に1.2GWhにおよび、2020年には6GWh以上に増設する計画です。弊社では自動車用途に限らず、リチウムイオン二次電池を製品に取り入れたいお客様向けに小ロットから対応いたします。業界情報にも自信があります。困ったこと、知りたいこと、ご気軽にご相談ください。

LERN MORE

Technoogy

ソニー株式会社にてリチウムイオン二次電池開発の技術統括を行っていた小沢和典氏が1996年に設立したエナックス株式会社は、大型ラミネートセルを特徴としたリチウムイオン二次電池技術のパイオニアです。弊社グループでは、その技術により開発した高性能で安全性の高い三元系リチウムイオン二次電池を製造しております。日本支社では、セル輸入後の受入検査、バッテリー応用製品の開発、出荷検査を日本国内の信頼のおけるパートナーが行い、安心して採用していただける体制を整えております。

LERN MORE

Recruit

中国の弊社グループでは、業務拡大のためリチウムイオン二次電池関連の研究開発・生産技術者の経験豊かな人材を幅広く募集しております。日本支社にて採用し中国に赴任していただく形で日本での社会保険を完備、赴任するまでの手続きのサポートを手厚く行います。中国の職場では通訳もおり、中国語のスキルは必須ではありません。赴任中の事故、病気に対する保険にも加入し、安心して生活をスタートできる環境を整えています。海外赴任のご経験がなく、迷っておられる方がおられましても、お気軽にお問い合わせください。

LERN MORE

業界トップの4項目

中国国内で初めて三元系ラミネート型自動車用電池を量産
中国工信部《自動車駆動用電池規範条件》適用企業目録の第一次(10社)に選出
中国国内で唯一、すべての新中国自動車用電池関連の国家標準の作成に参加
中国国内で初めてリチウムイオン二次電池を日本のEVバスに搭載

Services

Cell

すでにリチウムイオン二次電池関連製品を開発販売されているお客様に、自動車用途向けに開発された高性能で安全性が高く、大量生産によりコストを抑えた三元系リチウムイオン二次電池を販売いたします。セル輸入後の受入検査、出荷検査を日本国内の信頼のおけるパートナーが行い、安心して採用していただける体制を整えております。

Products

リチウムイオン二次電池を直並列を組み合わせたモジュール開発、BMSなどを組み込んだパック開発、インバーターや充電器を組み込んだ製品開発を信頼できる日本のパートナーと対応させていただきます。ポータブル電源、自動搬送車(AGV)、各種産業用ロボット、小型モビリティなどの開発をご検討のメーカー、商社様など、それぞれのご要望に合わせた柔軟な対応が可能です。

LERN MORE

所在地

〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町11番地 鈴野ビル3A
03-6206-4280